パリス(Paris)流エッセイOPEN 06:00~CLOSE 24:00

地獄からの招待状



日本人は圧倒的に仏教徒が多いのですが、なぜか仏教に関心もたれる方は非常に少なく、若い方なら、ご自分の家の宗派も分からないという方も多いのではないでしょうか。まあ、信仰は自由ですし、日頃から信仰心が無いと、生活そのものが出来ないというわけでもありませんから、極楽や地獄と言ってみたところで、「それパワースポットなの?」と、返されるかも知れません。

さて、極楽へ行くためというより、地獄に行かない為には、五戒(ごかい)を破らないことです。 五戒とは、殺生、盗み、不倫、嘘をつく、飲酒をいいますが、これらの破り方で、地獄の八つのゾーンに振り分けられる分りやすいシステムになっています。

地上に近い順に並べてみますと、

地下1階 等活地獄  殺生をした人が堕ちる。罪人同士が殺しあう。地獄の鬼に鉄棒で打たれる。

地下2階 黒縄地獄  盗みをした人が堕ちる 鬼たちにノコギリや斧で身体を切り刻まれる。

地下3階 衆合地獄  殺人・盗み・淫乱の罪がある人が堕ちる。鋭いカミソリの葉が罪人の身体を切り裂く。

地下4階 叫喚地獄  上記3つの罪に飲酒の罪がある人が堕ちる。鬼たちに口を金ばさみでこじ開けられ、灼熱の銅汁が流し込まれる。

地下5階 大叫喚地獄 上記4つの罪に嘘をついた人が堕ちる。熱い鉄の針で唇と舌を刺し通され、熱い鉄ハサミで舌を引っこ抜かれる。

地下6階 焦熱地獄  上記5つの罪に邪見の罪がある人が堕ちる。鬼に熱した鉄棒で打ちつけられ、鉄串で身体を突き通され、業火であふり焼きされる。

地下7階 大焦熱地獄 上記6つの罪に尼を犯した人が堕ちる。恐怖心を極限まで高められ、広大な火の海に突き落とされる。

地下8階 阿鼻地獄  五戒を全て破った極悪人が堕ちる。地獄の番犬や鬼、鉄蛇、虫などから、極限の苦しみを間断なく与えられ続ける。

五戒を一つも破っていないという人がどれだけいるか疑問ですが、ちょっとした嘘(偽り)や、おちょこ一杯の飲酒も含めますと、殆どの人が該当するわけで、ましてや、不倫は文化だ、なんて公言する方もいるわけで、まあ皆地獄へ落ちて行くわけですね。「皆で落ちれば怖くない」。
ちなみに、爺さんが温泉に浸かりながら、「極楽、極楽」と言っていますが、あれは嘘ですから お間違いなさらないように。と閻魔大王が言っていました。

↑ PAGE TOP