パリス(Paris)流エッセイOPEN 06:00~CLOSE 24:00

父の軍歴


戦後七十年が経ったが、何を考えるにしても、あの戦争を中心にしてしか考えようとはしない面倒な人たちがいる。戦争を美化するつもりは毛頭ないし、あの戦争を詳細に分析し、何らかの結論を導き出せる能力も持ち合わせていないが、巷で、あの防衛という二文字にヒステリックに反応し、やれ平和への冒とくだの憲法違反だのと祭り状態に入っていく様は、何とも薄気味が悪い。

加えて、彼らはあの戦争で国のために戦い命を落としていった多くの日本人兵やその遺族の心情を、何ら斟酌することもなく、ただ一方的に、日本人が悪かったと卑下し貶める姿勢は、同じ血が流れる日本人のものとはとても思われない。一つの時代があった。たとえその時代に何事があろうと、どんな結果になろうも、人はその時代に向き合って生きて行かねばならなかった。あの時代をどうしても批判したいなら、その時代に生きたであろう自らの祖父母や父母が、どのようにその時代と向き合って来たかを先ずは問うべきだろう。

いつも、自分が被害者の立場でいたいと思うのは勝手だし、言うだけ言って逃げ回るのも自由だが、その発言と行動が、誰の犠牲の上にも成り立っていないと、どうして断言できるのか問うてみたい。

以下に父の軍歴を記す。なお、一部の詳細にいては割愛する。

  明治39年05月  石川県に生まれる

  昭和02年01月  徴兵として歩兵第7連隊機関銃隊へ入隊
  昭和02年05月  第1期教育終了
  昭和03年11月  現役満期
  昭和03年12月  予備役編入
  昭和04年    簡閲点呼
  昭和05年10月  28日間歩兵第7連隊に於て勤務演習
  昭和06年    簡閲点呼済
  昭和07年02月  充員応集の為歩兵第7連隊に応召
          歩兵第7連隊第3中隊に編入
          上海派遣の為宇品港出港
          呉淞鎮上陸
          03月03日に亘る上海付近の會戦に参加
  昭和07年05月  復員下令
          上海港出発
  昭和07年06月  大阪港帰着
          召集解除
  昭和08年    簡閲点呼済
  昭和09年04月  後備役
  昭和10年    簡閲点呼済
  昭和12年08月  充員応集の為歩兵第7連隊に応召入隊
          歩兵第107連隊第2機関銃中隊に編入
  昭和12年09月  宇品港出発
          釜山港上陸
          鴨線江通過
          満支国境山海関通過
          天津着
          10月18日まで石家荘及?陽河會戦に参加
  昭和12年11月  11月19日まで太原攻略戦に参加
  昭和13年02月  昭和13年03月11日まで河北戡定戦に参加
  昭和13年03月  04月17日まで占領地粛清戦に参加
  昭和13年04月  06月02日まで徐州會戦間に於ける山西粛清戦に参加
  昭和13年06月  07月16日まで晋南粛清戦に参加
  昭和13年07月  08月14日まで山西警備に参加
  昭和13年08月  09月17日まで黄河口畔秋季作戦に参加
  昭和13年09月  10月30日まで北部山西作戦に参加
  昭和13年11月  12月25日まで寧武攻略戦に参加
  昭和13年12月  昭和14年01月02日まで南部山西軍掃蕩戦に参加
  昭和14年01月  02月11日まで北部山西警備に参加
  昭和14年02月  03月18日まで北部山西掃蕩並静楽攻略戦に参加
  昭和14年04月  05月22日まで五台作戦に参加  
  昭和14年05月  歩兵第107連隊第3機関銃中隊に編入
          06月10日まで黄河東岸山西軍主力殲滅戦に参加
  昭和14年09月  青島港出発
          宇品港帰着
          歩兵第7連隊第2中隊に編入
          召集解除
  昭和19年04月  第1国民兵役編入
  昭和20年07月  臨時召集に依り金澤師管区歩兵第1補充隊に応召
          作業中隊附
          歩兵360連隊に転属
          長崎県北松浦郡鷹島村に移駐
          當地付近の警備
  昭和20年    召集解除

父は62歳でこの世を去った。二十歳過ぎから終戦になるまでの18年間、父は戦争の中で生きてきたが、戦争のことを一切私に話すことは無かった。誰かに語ったところで、どうにもならぬことを分かっていたのかもしれない。あるいは、戦争の無い時代に生まれた私に、戦争の悲惨さを話すべきではないと思ったのかもしれない。

一節の伝聞や一片の記録を以って、これが戦争の全てというような発言を時々耳にするが、何とも言えぬ腹立たしさを覚える。なぜなら、命じられるままに家族と郷土と国のために、自らの命を懸けて戦った父と、その父をずっと支えた母が愚弄されているように思えるからだ。今日の日本の平和と自由は、我々の祖父母や父母の辛苦から生まれたものだ。

人間の欲には限りがなく、一つ得られれば、次々と欲の芽を膨らます。

↑ PAGE TOP