パリス(Paris)流エッセイOPEN 06:00~CLOSE 24:00

怒れる母親の言葉に踊る


どこのお坊ちゃまかお嬢ちゃまか知りませんが、保育園に入園できなかったそうです。それで、そのお母さまがたいそうお怒りになって、「日本死ね」とブログ上でその不満を爆発させたのですが、そのブログがなんとも汚い言葉のオンパレード、ある面、とても面白いのでその全文を掲げます。

『なんなんだよ日本。一億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか
子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ? 何が少子化だよクソ。子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからって言ってて子供産むやつなんかいねーよ
不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増せよ。オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。ふざけんな日本
保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。国が子供産ませないでどうすんだよ。金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから・・・国会議員を半分くらいクビにすりゃ財源作れるだろ。まじいい加減にしろ日本』

日頃から、このお母さまは、こんな言葉遣いをされているのでしょうか。もしそうなら、お子様への影響が心配です。子は親の背中を見て育つ、と言いますからね。お子様が保育園に入ったのはいいが、保育士や他の児童が気に食わなければ、死ねを連発するかもしれません。もしかして、この園はそんな空気をこのお母さまから感じ取り、入園がOKにならなかったのかも知れません。良かった良かった!

待機児童問題をどうのこうのと講釈を垂れるつもりはありません。当事者それぞれの考え方があるでしょうし、入園し易い市町村へ転居しようとする人もいれば、親に面倒を見て貰おうとする人もいるでしょうし、収入が減るのを覚悟で自ら子供の世話をしようと腹を括る人もいるでしょう。ただ、このお母さまのように、ともかく自分の生活スタイルは壊したくない、私を満足させるために国はなんとかしろ、というのはあまりにも虫が良すぎませんか。
ネットを見てみますと、このお母さまのブログに共感される方もいるようで待機児童は切実な問題の一つだろうとは推察いたしますが、チンピラさんの恫喝まがいのブログでは、国も市町村も動かすことは出来ません。巷では、保育園建設予定地の住民が園児の声の騒々しさを理由に、建設に反対している所もあるとか、またそもそも、肝心の保育士の数が足りないそうですね。待機児童問題に直面しているお母さまの中で、それなら私が保育士に、と手を挙げる人はいないのでしょうか。

私の命もあと十数年といったところですが、日本に生まれ、日本で育ち、日本の文化と風情の中で、一生を終えたいと願っているわけで、もちろん、「日本死ね」などと、考えたことも口にしたことも一度としてありません。私は日本が大好きなのです。どこぞの汚言を吐きまくる母親なんぞに日本を殺されてたまるものですか。と思うわけです。

↑ PAGE TOP